検索
  • 黒川真実

療育の様子

先日の療育の様子をアップします。



ストローや息を吹き込んでボールをシュートするおもちゃを使って、口のまわりの筋肉を楽しみながら鍛える練習をしています。






パズルは、指導員の「お空はどこかな?」「耳はどこにある?」のヒントで自分で完成✨

何度も練習することで、どんどん出来るピース数が増えていきます。


三角タングラムは、指導員の「くるくる」の声に合わせて三角のピースを回しながら、向きを考えます。図形感覚や手先の訓練、考える力を養います☺

指導員のヒントがなくても、回したら向きがわかる!ということを学び、一人でできるようになっていきます✨


ひも通し。

色の指示カードの順番通りにボビンをひもに通します。

指先の訓練や、指示カードを見て作業をする練習をします。

小学生や文字が読める子には、文字の色指示カードを使います☆


療育の最後には、好きなおもちゃで遊ぶ時間を作り、必ず楽しかったという気持ちで終われるようにしています☺

また、「がんばったら○○で遊ぼうね」と約束をして、子供たちの頑張るモチベーションにもなっています✨


最後はタイムタイマーが鳴ったらお片付け♪

切り替えやお片付けの練習です。

最初はお片付けが苦手だった子も、毎週練習していくうちにピピピッ♪の音に反応して自分でお片付けができるようになりました。


週1回の継続的な療育が、子どもたちの成長につながっています✨




#鴨川市

#個別療育

#すまいる


63回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

就学に向けて

今年度もあと5ヵ月になりましたね。来年度のことを考え始めている方も多いのではないでしょうか。 就学に向けて、運筆の練習や名前を書く練習、学校で使う物の名前を覚える、椅子に座って活動できる時間を増やす療育を行う等のサポートをします。 小学校に上がるまでに、○○ができるようになったら良いんだけど・・・・ 等のご希望にできるだけ沿って療育を行います。 個別療育の為、トイレトレーニング等はより良いトレーニ

認定ABAセラピスト

認定ABAセラピストの資格取得試験に合格しました。 ABAセラピー(療育)とは、応用行動分析学に基づいた ⭐️良い行動のあとには良いことがある ⭐️ふさわしくない行動の後には悪いことがある という考え方を使い、生活スキルを身につけたり問題行動を減らしたりすることのできる療育の方法です。 アメリカやヨーロッパでは、保険適用内でABAセラピーを受けることができるほど、有名で効果があると言われています。